iPhoneの液晶を傷から守る

iPhoneの液晶は汚れづらいので液晶保護シートは必要ないという方も多いようですが、液晶はどの機種でも保護が大事です。特にタッチ操作が多いスマートフォンの場合は指の油や指紋で見づらくなったり、鍵と一緒にもって傷がつくなど、不測の事態が起こることがとても多いです。


iPhoneの液晶保護シートは多数の種類がありますが、傷防止という観点からは自己修復タイプのPETフィルムか高硬質系のガラスフィルムがオススメです。


自己修復タイプはiPhoneの液晶に軽くついた傷なら目立たなくする機能です。
特に爪などによる軽い引っかき傷はほぼ見えなくなると言われています。

ただし、根本的に傷を防ぐものではありません。
対して高硬質系のガラスフィルムは素材にガラスを使っていることも有り、傷を寄せ付けません。
傷防止ということであればガラス系が特にオススメです。

ガラス系は固いので張りやすいこともメリットと言えますが、厚みがあるのがネックです。ガラス系の厚みについては数mmあることもあり、ケースによってはひっかかることもありまし、入らない場合も少なくないようです。



また、ガラス系は割れる問題もあります。

PET系のフィルムの場合は最悪剥がれる、破けるだけなのですが、ガラス系は割れますので注意が必要です。



ただし、ガラス系フィルムが破れるような状況はとても少ないです。

ガラス系は価格も高いのがネックですが、PET系に比べて長寿命なので十分に価格の価値はあると言われています。



Copyright (C) 2015 iPhoneの液晶を傷から守る All Rights Reserved.