iPhoneの液晶は傷つきやすい

iPhoneにかぎらず多くのスマートフォンの液晶は大きくなり、高精細なタイプに切り替わっています。

一般的に液晶を保護するためにガラスが採用されていますが、そのガラスも万全とはいえず、長年使っていたり、爪や鍵が当たればすぐに傷がついてしまいます。

また、普段浸かっていても指の指紋や油がついて液晶が見づらいということも多いです。


そこで液晶を守るために保護シートの利用が推奨されています。


iPhoneの場合は指紋がつきづらいガラスが採用されていますがそれでも専用の保護シートに比べると若干機能が足りない場合も多いです。

iPhone6sの価格を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

iPhoneの液晶保護シートには光沢と非光沢、ガラス系が存在していますが、価格で比べるとPET系の光沢、非光沢タイプがオススメです。

iPhone6sのスペック情報の豊富さで有名なサイトです。

一枚数十円から買えることもあり、耐久力は低いですがすぐに張り替えて使うという方も多いようです。



ただし、傷には弱いので頑丈なタイプが必要であればガラス系がオススメです。

ガラス系は液晶保護に使われる厚みのあるシートであり、貼りやすく、また、高機能なことでも評価されています。厚みについては目に見えて分かるほどなので密着型のケースを利用している場合には特に注意が必要です。液晶保護シートは貼りづらい、気泡が入るという問題もありますが、ガラス系の場合は固く、隙間ができづらいこともあり、貼り安さで選ぶ方も多いようです。
ただし、割れますので利用にあたっては注意が必要です。

Copyright (C) 2015 iPhoneの液晶は傷つきやすい All Rights Reserved.